お金ない時

カードローン

お金ない時に便利で頼りになるのがカードローンですよね。

 

カードローンって、金利が少し高めだし不安に思っている人も多いかも知れません。

 

でも利息というものは、そのサービスを受けるための手数料みたいなもんで、そんなに高いわけでもありません。

 

住宅ローンやマイカーローンなどと違って、そもそもたくさんのお金を借りるわけでもないので、利息は気になりません。

 

その便利さは、お金がない時に使ってみれば本当に身に染みてよく分かりますよ。

 

本当にお金がない時に必要なお金を、いちいち契約することなく、すぐに借りることができます。

 

契約しておくと、お金ない時にめちゃくちゃ便利なローンだと思います。

 

 

その理由の一つは使いみちが本当に自由だということです。

使いみちが自由

銀行のローンのひとつにフリーローンというものがあります。

 

これは使いみちが自由なのでフリーローンという名前になっていますが、厳密には自由ではありません。

 

使いみちの証拠として見積書などの提出が必要で、その内容を確認されるからです。

 

つまり明確な目的がないと借りれないわけで、単にお金がないという理由でお金を借りれるわけではありません。

 

なので、フリーローンは多目的ローンという言い方をしている場合があります。

 

でもカードローンは、いちいち目的を聞かれることもなく、事業性の資金を除いては本当に自由に使えるんです。

 

何度でも利用可能

次に便利なことは、利用限度額の範囲内なら何度でも借りれることです。

 

フリーローンほか一般的なローンは借りるごとに申込が必要で、審査の上新たに契約しなければなりません。

 

しかしカードローンは一度契約しておけば、お金がない時にすぐにお金を借りることができるのです。

 

カードローンには個人の年収などによって利用限度額というものが設定されます。

 

この利用限度額を超えなければ、ATMや振込依頼でのキャッシングがいつでも何度でも可能です。

 

もちろんこれは、延滞なくきちんと決められた金額を返済をしていればの話です。

 

もし返済が滞れば、その金額と延滞金を合わせて返済されるまでは新たに借りることはできません。

 

いつでもすぐに利用可能

そして、お金ない時にすぐに利用できるということです。

 

商品が必要な時にクレジットカードですぐに買えるのと同じように、お金ない時にすぐに借りることができます。

 

借りるごとにその都度申込んで契約するわけではなく、お金がない時にキャッシングするだけです。

 

さらに、申込から契約までもスピーディーなので、今から申込む場合でも時間によっては今日中に借りることも可能です。

 

カードローンは銀行にもありますが、審査が厳しく時間もかかります。

 

でも金融会社のカードローンならスピーディーな審査で即日融資(最短1時間融資)に対応しています。

 

借り方は様々

カードローンでお金を借りることをキャッシングするともいいますよね。

 

キャッシングはカードを使ってATMでするのが一般的ですが、銀行口座に振り込んでもらう振込キャッシングもできます。

 

ATMは稼働していれば24時間利用することができますが、銀行振込の場合は平日の決められた時間のみとなります。

 

しかし、金融機関が指定する銀行口座への振込であれば24時間振込が瞬時に可能なサービスもあります。

 

ATMを利用してキャッシングする場合は利用手数料が必要な場合がありますが、振込キャッシングの場合はほとんどの場合で手数料は不要です。

 

またセブン銀行のATMでは、カードを使わずにスマホアプリによる取引が可能となっていますが、そのサービスに対応している金融会社もあります。

 

自由度の高い返済方法

一般的なローンでは通常、銀行口座からの自動引落で返済することが多いですよね。

 

カードローンでも口座引落による返済もできますが、その他の方法でも返済が可能です。

 

例えば、ATMから金融会社の返済口座へ入金することができます。

 

また、銀行振込や、インターネットバンキングやペイジーを利用したネット返済もできます。

 

コンビニのマルチ情報端末を利用してレジ支払ができる金融会社もあります。

 

さらに、口座引落で返済する場合でも、他の方法で随時追加返済が可能なことも非常に便利だと思います。

 

もちろん毎月決められた日に支払う約定返済は口座引落でなくてもOKで、いろんな方法で随時追加返済もできます。

 

ただ自社ATMや一部の提携ATMでは利用手数料は不要ですが、コンビニの提携ATMでは手数料が必要となります。

 

金融会社のマイページなどからのネット返済の場合は振込手数料が無料ですが、銀行振込になると所定の振込手数料が必要となります。

 

コンビニのレジ払いは手数料が必要となる場合があります。

 

また、返済期日についても、毎月決められた日が期日となる約定返済だけではありません。

 

金融会社によっては、返済日の翌日から35日後が次の返済期日となる(期日が伸びる)サイクル制の返済ができるところがあります。

 

これは約定返済プラス追加で返済することができるという考え方ではなく、35日後より前であればいつ支払っても良いというものです。

 

ただし、決められた金額以上のお金を支払わなければ、返済期日は延ばされません。

 

返済金額は借り入れたお金の残金によって決まる、リボルビング方式となっています。

お金ない時

お金があるのに借りるという人は基本的にいないでしょう。

 

では、お金を借りないといけないほどお金がない時とはどういう時でしょうか?

 

予期せぬ出費
怪我や病気

怪我や病気で医療費がかさんでお金が足りないということはよくあることですよね。

 

保険が下りる場合も、先に支払わないといけないので一時的に借りる必要があります。

 

慶弔

結婚式ならかなり前から予定が分かるので何とかなるかも知れませんが、それでも用意できない場合もあるでしょう。

 

葬式は急にやってきますから、いろいろとお金が必要になり、イザとなるとお金がないということになってしまいます。

 

飲み会

大した金額ではないかも知れませんが、年度の切替わりや年末年始などは、飲み会が続いてお金がないということになりがちです。

 

会社の行事や上司の誘いだと断りたくても断れませんからね。

 

クレカの利用忘れ

クレジットカードで比較的高額の商品を買ったことを忘れてしまっていることがあります。

 

後からリボなどができるなら、リボ払いにすれば良いかも知れませんが、期日を過ぎると一括で支払わないといけないので、お金がないと慌ててしまいます。

いずれにしても、毎月慢性的にお金ない時はお金を借りるべきではありません。

 

お金を借りるということは毎月の返済が必要となるので、毎月の出費は増えるからですよね。

 

当たり前のことだとは思いますが、計画的にお金を使うことができない人は、これを忘れてしまうんです。

 

お金ない時、今お金が必要だからといって無計画にお金を借りるから返済できなくなります。

 

カードローンの利用は計画的に、というフレーズはそういうことですよね。

 

更新履歴
page top